ayu_cocochi

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧




バナナシフォン

d0094078_112775.jpg

昨日はいつもお世話になっているぶーやん宅にお邪魔するので、久しぶりにバナナシフォンを焼きました。
たっぷり生クリームをのせて、カラメルソースをかけ、イメージではカラメルがしだれのようにかかっている風な仕上りだったのに、緩過ぎてしまいなんとも雑な仕上りになってしまいました。
くぅーーーーー。
私の完璧な作品はいつ出来るんでしょう。
かれこれお菓子を作り15年は経っているというのに、未だに上手くいきません。
[PR]



by ayu-cocochi | 2011-10-25 11:05 | てづくりおかし

かぼちゃぱん

d0094078_11333099.jpg
ハロウィン月間ということでクックパッドで検索し、かぼちゃパンを作りました。

いつもはHBで焼きまでほったらかしなパンばかり作っていますが、今回は1次発酵までHB、その後は自分で。
と、かなり手が込んでます。

味はね、クックパッド様様ということで問題なしなのですが、膨らみが問題。
久しぶりのオーブンで発酵機能があることをうっかり忘れていて、2次発酵を途中まで200Wのレンジでチンしていたもんだから、そりゃ~、膨らまないよね~。
時既に遅し。。。
しかもうちのオーブン1段タイプなもんで大量に作るときは二度手間、三度手間。
こうなると2段タイプがもう欲しくって、欲しくって、うずうず。
朝からPCでオーブンを眺めては溜息漏れ漏れです。

出来上がったパンは肺炎時、心配をかけた近所のお友達にお裾分け。
「パン作り出来るってことは元気になったんだね。」
と、私の元気バロメーターを敏感に察知してくれる友達。
ありがたいね~。
うん。そう。元気になったんだけどね。
ランチに誘ってくれてもよくってよん^^


※参考にしたかぼちゃぱんレシピ → 
[PR]



by ayu-cocochi | 2011-10-22 11:53 | てづくりぱん

癒しのハーバルボール

d0094078_13372637.jpg

仲良しぶーやんからプレゼントを頂きました。
ぽってりしていてなんとも可愛らしいその方は、とっても良い香りを放つんです。

その方の名前は『ハーバルボール』

まずはその方をレンジで温めて、つぼにリンパにぐいぐいあててマッサージ。
こめかみに、首に、うなじに、腰に、お腹に。
手のひらで包み込むだけでも温かさがじ~んと伝わり癒されます。
気持ちえ~。あぁ~、気持ちえ~。
その方の寿命が10日間というのが悲しいところ。
あと7日間、私を思う存分癒しておくれ。
[PR]



by ayu-cocochi | 2011-10-21 13:43 | ありがとう♪

愛いっぱいのビビンバ

どうも~。
モリモリ食べているのにいつもにもまして快腸なもんで太らずに痩せている、ギャルそね現象に陥っています。
昨日、入浴後体重計に乗ったらこれまた可笑しな数字が出ていたので、慌てて菓子パン1個完食。

パパが言うには、今食べたものは1ヶ月後に体に出る、ということなので。
1ヶ月後パンパンに膨れ上がった私が出来上がるというわけです。

d0094078_13522832.jpg
さてさて、さいたまにいた高熱続きのとある日。
だんだん青白く痩せていく私を哀れに思った優しい優しいとしりんごちゃんが私のためにビビンバを作ってくれました。
肉食の私のためにビビンバ。
そして野菜も沢山摂れるようにとビビンバ。
この気遣いに涙が出る。。。
このときは食欲が無かったのですが、愛いっぱいのビビンバといったら美味しいこと。
一気にペロリ。
ご馳走様でした。

そして栄養つけろ、と友達からはソルロンタンとユッケジャンのレトルトスープをいただきました。
ウゥッ、、、嬉しい!
何が嬉しいって、パッケージには大好きなソンスンホンが!
アァッ、、、私を見て微笑んでいる!
食べたいけれどこれじゃ~食べられないわ。
ありがとね、Rちゃん。
[PR]



by ayu-cocochi | 2011-10-19 13:54 | ありがとう♪

スローライフで。

ご無沙汰しておりました。
ご存知の方も多いと思いますが、先月末から体調を崩し、福島の実家で静養しておりました。

先月末の1週間続いた高熱。
座薬をすれば大量の汗とともに熱が下がるのですが、5時間も経てばまた39度台の高熱が。
病院を2軒渡り歩き、秋風邪と診断されたのですがどうやらおかしい。
そんな時、祖父が亡くなり急遽福島へ帰ったのですが、辛くて辛くて父が親しくしている病院に駆け込んだ結果、急性肺炎になっておりました。
お通夜は欠席し、告別式の前後は点滴に病院通い。翌日も点滴通い。
(震災後、福島ではベッド数が足らず、肺炎では入院させないそうです。)
こんな親不幸ならぬ祖父不幸があっていいものか、と病院のベッドで人目も気にせず泣きました。
何度か肺炎になり入院していた祖父。
92歳と大往生だとは思いますが、もしかしたら私のために天国にいったんじゃないかと。
そう思えてならなくて。

さいたまの病院では秋風邪は続く人は2週間続くから。
と、言われていたもので、きっと福島に帰っていなかったら肺炎になっているとは思わず子育てに家事に追われ、それこそ取り返しがつかないことになったのでは。
と、どうしても思えてならないのです。

私の人生って、祖父に両親に家族に友人によって生かされたものなのだと、改めて感謝いたします。



そんなわけで2週間福島で静養しておりました。

その間、娘の運動会があったのですが、前日に母が娘を連れて新幹線に飛び乗ってくれたお陰で参加することができ、娘も大喜び。
前日に帽子にリボンをつけたり、体操着に名前をつけたり、当日はお弁当を作ったり。
そして運動会が終わるとすぐ福島に帰ってきてくれた母。
手のかかる次女を面倒みてくれた父。
ありがとう。


d0094078_1238592.jpg
病院の先生には体重を増やすように言われたので、今日のお昼ご飯は昨日の晩御飯に残った豚バラのトマト煮でリゾットを作りました。
たっぷりのとろけるチーズを入れて。
仕上げに半熟たまごに粉チーズ。
女性にかかさないリコピン高カロリーなチーズ。
美味しゅうございました。


さてさて、そんなわけでこれからは時間に余裕をもって、ゆっくり生活しよう”スローライフ”を心がけていきたいと思います。


どうもご心配おかけしました。
[PR]



by ayu-cocochi | 2011-10-17 12:38 | ひびのこと

さいたま市在住。6歳と9歳の娘の母です。
by ayu-cocochi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ファン

ブログジャンル

画像一覧